レコーディングのポイント① 声(歌)だけを録ること! | 歌ってみたを10倍良くする方法

レコーディングのポイント① 声(歌)だけを録ること!

声(歌)だけを録るってどういうこと?

初めてのレコーディングで気をつけることは2つあります。

まずは1点目。

レコーディングで、マイクで何を録ったらよいのでしょうか?

ミックスするために、声(歌)だけを録る」ことです!

当たり前だよって言われるかもしれませんが、大きな補足事項があります。

たまに、スピーカーから音を出しながらマイクに向かって歌う人がいます。

でも、、、そうするとスピーカーから出た音もマイクが拾ってしまいます。

カラオケの音が薄くでも乗ってしまうと、ミックスする時にとんでもなく苦労します。

というか、ミックスできません><

間違っても、録った歌にできるだけカラオケの音とかが入らないようにしてくださいね!!

なので、録った音を聞いた時、自分の声だけが聞こえるような録り方が正解です。

カラオケは、スピーカーでなくてヘッドホン(イヤホン)で聴くようにしてくださいね。

セッティング例

声だけを録るためには、機材を下記のようにセッティングしてあげましょう!

この図のようにヘッドホンでカラオケを聴いて歌えば、マイクで歌だけを録ることができますね!

テレビやPVでレコーディング風景が出てきた時、歌手の皆さんは必ずヘッドホンをしていますが、こういう理由からなんです。

そうすることによって、「歌」と「カラオケ」を綺麗にミックスすることができるのです。

へ行く