歌い手デビューできなかった人の、最も多い理由とは? | 歌ってみたを10倍良くする方法

歌い手デビューできなかった人の、最も多い理由とは?

歌い手デビューできなかった人へアンケート調査

歌い手になりたかったけれど、結局なれなかったという人はたくさんいます。

その理由としてよく聞くのがこんな理由です。

  • 「近所や家族から文句言われそうで、気持ちを込めて歌えないなかった」
  • 「すごくいい歌は録れたけど、ミックス師がみつからなかった」

はじめて挑戦した時はいろいろハプニングはつきものですよね。

それでは、具体的にはどんな理由で挫折してしまったのでしょうか。

Q:あなたは、歌い手になるのをどの段階であきらめましたか?

38% 防音ができず歌が録れなかった

33% ミックス師が見つからなかった

19% 必要な機材がわからなかった

10% 動画を作れなかった

実は、「防音ができなくて歌が録れなかった」というSTEP2の段階が一番多いんです。

防音が出来ないという問題からくる影響をまとめてみます。

  • 歌を練習する場所がない
  • 家族に聴かれてるのが気になって、全力で歌えない
  • 防音するほど費用や知識がない

どれも歌い手にとって致命的ですね。。。

でも、ここで諦めてしまったら一生歌うことを諦めないといけないということになります。

家庭でももちろん防音対策はできるので、歌い手になるためにここは踏ん張りましょう!

防音は難しくない!いつでも歌える環境を作ろう

防音のイメージというと、、、

  • 費用がかかる
  • 専門的な知識が必要

こんなイメージはありませんか?

確かに、本格的な防音をするとなるとそのとおりかもしれません。

ですが、、、もっと簡単に防音できる方法はあるのです。

防音についてコチラでまとめているので、たくさん歌える環境をつくりましょう!

防音は難しいものだけではありません!まずは手軽なところからはじめましょう!

防音の問題をクリアする

気持ちよく歌えなければよい歌なんて歌えません。

ミックス師の問題をクリアする

ミックスはかなり特殊な技術です。1から勉強するより、腕のある人に任せるのも1つの手です。

機材の問題をクリアする

初めて歌ってみたをする人にとって、機材の問題は深刻です。

しっかり必要な機材をそろえて、歌い手のスタートラインに立ちましょう!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"