中級者用オススメ マイク 3選 | 歌ってみたを10倍良くする方法

中級者用オススメ マイク 3選

マイクは、良いものを選ぼうとすればするほど、、、その数に圧倒されます。

実際に使わないとその良さがわからないですが、候補のマイクを全部試すなんて無理ですよね。

もしどれにするか迷ったら好きな歌い手さんが使っているマイクを選ぶのも良いかもしれません。

使っている歌い手さんも記載していますよ。
(もし買い換えたりしてたらゴメンナサイ><)

また、ここのマイクを使用するにはオーディオインターフェースが別途必要になります。

マイク選びに必要な知識

中級者用のマイクを選ぶとすると、最低限必要な知識も必要となってきます。

マイクの基本的な内容に加えて、メンテナンスの知識も合わせて知っておきたいところです。

ダイナミックマイクとコンデンサーマイクに分けて紹介していきますが、もし両者の違いがまだ自信がない人はコチラをまずは見ておいてくださいね。

中級者用オススメ マイク

ダイナミックマイク

SHURE ( シュアー ) / SM58SE
 

■種別   :ダイナミックマイク(ON/OFFスイッチ付き)
■指向性  :単一指向性
■周波数  :50Hz-15kHz
■出力インピーダンス:150Ω

使用している歌い手

Gero、花たん
(敬称略、順不同)

SM58SE が良いといわれている理由

歌ってみたの中でももちろん、音楽業界の中で最も有名なマイクの1つです。迷ったらこれを選んでおけば間違いはありません。

宅録に向いているマイクではありますが、ライブでも良く使われます。

似た名前の「SM58-LCE」は、「SM58SE」のON/OFスイッチの付いていない分、少し安価な同タイプのマイクになります。


コンデンサーマイク

RODE ( ロード ) / NT1-A

■種別   :コンデンサーマイク
■指向性  :単一指向性
■周波数  :20Hz – 20kHz
■出力インピーダンス:100Ω

使用している歌い手

96猫、_アンダーバー、灯油
(敬称略、順不同)

NT1-Aが良いといわれている理由

この値段でこのクオリティが、、、と思わせるマイクです。ボーカル録りにもちろん最適ですが、生楽器、特にアコギ等のレコーディングでも威力を発揮してくれます。

ですが、コンデンサーマイクにしては少し重い部類に入るので、セッティングの際は倒れないようにスタンドをしっかりと安定させてくださいね。


audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT4040

■種別   :コンデンサーマイク
■指向性  :単一指向性
■周波数  :20Hz – 20kHz
■出力インピーダンス:100Ω平衡

AT4040が良いと言われている理由

フラットな音質で録れることが特徴のマイクです。人によってはやや中低音がややしっかり出ているという声も聞きます。音質的にもデザイン的にも、良い意味でクセが無いところが人気のあるところかもしれません。安定感を求めるならコレかもしれませんね。


BLUE ( ブルー ) / Bluebird SL

■種別   :コンデンサーマイク
■指向性  :カーディオイド
■周波数  :20Hz – 20kHz
■出力インピーダンス:50 ohm

使用している歌い手

(敬称略、順不同)

Bluebird SLが良いと言われている理由

人気のあるマイクBluebird SLです。この奇抜かつカッコイイデザインはどこかで見たことも多いのではないでしょうか。

このマイクの人気の理由は、まずその見た目のよさが挙げられます。マイクの性能はもちろん問題なく良いのですが、この見た目だったら歌うのもテンションが上がりますよね。

そういう意味でも、他のマイクよりもよいテイクが録れるかもしれません

筆者もデザイン的には一番好きなマイクの1つです。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"