初~中級者用オススメ マイクケーブル | 歌ってみたを10倍良くする方法

初~中級者用オススメ マイクケーブル

マイクが決まったら、マイクケーブルを選びましょう!

マイクを買ってもケーブルが付いていない場合も多々あるので、その場合は別途購入する必要があります。

マイクケーブルがどれを選んだらよいかわからない方は、コレを読んで持っている機材に合うものを選んでくださいね。

接続機器に合わせて、最適なケーブルを選ぼう

コンデンサーマイクの場合「XLRオス=XLRメス」が必須です

もし、コンデンサーマイクを使う場合、上記の画像のような「XLRオス=XLRメス」のケーブルを使わなければなりません。

なぜなら、コンデンサーマイクに必須の「ファンタム電源」は、「XLRオス=XLRメス」のマイクケーブルでないと使えないからです。

コンデンサーマイクを使っていて音が録れない原因の90%は、このタイプのケーブルを使っていないからです。「XLRオス=標準フォン」ケーブルはNGです。

「XLRオス=XLRメス」の購入をしたい人は、下記の「XLR端子で接続する」の項目にあるケーブルを選んでくださいね。

XLR、フォン、RCAだったら、どれが一番音がいいの?

マイクケーブルは、接続端子が「XLR」「フォン」「RCA」と主に3種類あります。

ここで既によくわからない方は、上述のマイクケーブルの記事を読んでおいてくださいね。

3種類あったら、一番いい音の端子を選びたい、、、と思うと思いますが、基本的にどれでつないでも基本的な音質は変わりません。

XLRがノイズ対策がされているので、XLRの方がオススメ、、、というのが一般的な考えではありますが、宅録ではそこまでのメリットはありません。

でも将来的なことを考えて、環境的にどちらでも選べるなら、もしくはコンデンサーマイクを使う可能性がある場合、XLRの方にしておいた方がよいでしょう。

まずは、あなたの持っている機材でどちらが接続できるかを確認してから、マイクケーブルを選んでくださいね。

では、ケーブルで音質を改善するにはどうすれば良いの?

音の信号は、機材を経由したりケーブルを長い距離転送するとその信号は劣化して行きます。

100点の音も徐々にさがり、、、パソコンに入るまでに90点、80点となってしまっているわけですね。

逆に上がることはありえません。

なので、良いケーブルとはこの劣化をより軽減させることができるケーブルのことを言うのです。良いケーブルを使うと音質の改善につながるのはこういった理由からです。

ここで紹介するケーブルは、大幅な改善とまでは行きませんが、業界で標準的に使われているもので、品質的に問題なく使え、コストパフォーマンスがとても高いものです。

初心者から中級者の方におすすめできるケーブルですよ。

初~中級者用おすすめ マイクケーブル

XLR端子で接続する

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MIXシリーズ

■タイプ  :マイクケーブル
■プラグ形状:XLR(オス)-XLR(メス)
■長さ   :3.0m
■カラー  :黒

CLASSIC PRO / MIXシリーズ が良いと言われる理由

この値段でこの音質が!まずはそのコストパフォーマンスに驚きます。もし、マイクケーブルがどこのメーカーかわからないものを使っていた場合、一度CLASSIC PROに換えてみるとマイクケーブルの持つ意味合いが激変するかもしれません。
失敗してもそんなに痛くない価格帯なので、だまされたつもりで使ってみるのも良いと思います。
このケーブルは、1m、1.5m、3m、5m、7m、10m以上などたくさんの種類があります。ケーブルの長さにも気をつけてくださいね!

1m


1.5m


3m

5m

7m


10m


CANARE ( カナレ ) / EC03-B

■タイプ  :マイクケーブル
■プラグ形状:XLR(オス)-XLR(メス)
■コネクター:NEUTRIK仕様
■長さ   :3m
■カラー  :黒

CANARE ( カナレ )  / EC03-B が良いと言われる理由

NEUTRIK(ノイトリック)社製のコネクターを使った、音質改善の期待できるマイクケーブルです。宅録の音質を改善したいけれど、マイクを買い換えるほどの余裕はない、、、という人にはここから試してみることをオススメします。
このケーブルは3mですが、0.5m、1m、1.5m、2m、3m、5m、7m、10m以上などたくさんの種類があります。ケーブルの長さにも気をつけてくださいね!


標準フォーンプラグで接続する

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MIPシリーズ

■タイプ:マイクケーブル
■プラグ形状:XLR(メス)-フォン
■長さ:3m
■カラー:黒

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MIPシリーズが良いと言われる理由

この値段でこの音質が!まずはそのコストパフォーマンスに驚きます。もし、マイクケーブルがどこのメーカーかわからないものを使っていた場合、一度CLASSIC PROに換えてみるとマイクケーブルの持つ意味合いが激変するかもしれません。
失敗してもそんなに痛くない価格帯なので、だまされたつもりで使ってみるのも良いと思います。
このケーブルは、1m、1.5m、3m、5m、7m、10m以上などたくさんの種類があります。ケーブルの長さにも気をつけてくださいね!

1m


1.5m


3m


5m


7m


10m


CANARE ( カナレ ) / PC03B

準備中

■タイプ  :マイクケーブル
■プラグ形状:XLR(メス)-フォン
■コネクター:NEUTRIK仕様
■長さ   :3m
■カラー  :黒

CANARE ( カナレ )  / PC03B が良いと言われる理由

NEUTRIK(ノイトリック)社製のコネクターを使った、音質改善の期待できるマイクケーブルです。宅録の音質を改善したいけれど、マイクを買い換えるほどの余裕はない、、、という人にはここから試してみることをオススメします。
このケーブルは3mですが、0.5m、1m、1.5m、2m、3m、5m、7m、10m以上などたくさんの種類があります。ケーブルの長さにも気をつけてくださいね!

RCAで接続する

CLASSIC PRO マイク・オーディオケーブル XLR(メス)-RCAピン

CLASSIC PRO マイク・オーディオケーブルが良いと言われる理由

コスパが最高のCLASSIC PROのRCAシリーズです。RCAで接続するにはこれで問題ないですね。

1m

1.5m


3m


もっと音質を改善したい

ここで紹介しているケーブルでも十分使えますが、さらに音質を改善することができるケーブルももちろんあります。

良いケーブルを使えば、エフェクトをかけたのかな?と思うくらい音質がクリアになることがあります。

さらに次の音質を目指したい方は、上級者用のマイクケーブルに変えてみましょう。

あなたにとって、新しい世界が見えてくるかもしれませんよ。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"